今日は、怒りの正体についてお話しします。

色々な相手に怒りを感じることがあると思いますが、最も怒りを覚えやすいのが、彼氏彼女や、夫婦などの男女関係だと思いますので、

これを1つ例にとってお話しします。

個人差はありますが、

男性と女性は違う世界感で生きています。

例えば、

A子さんとB男くんがいたとします。

A子さん「寒いね」

B男くん「そうだね」

A子さん(察しが悪いな・・・イラッ)

A子さん「あのね・・・なんでストーブ着けてくれないの?」

B男くん「はぁ?じゃあ最初からそう言えよ」(イラッ)

あくまで例ですが、

こういったような、話はよく聞くと思います。察せない男に、ちゃんと言えない女。

これは男が悪いとか、女が悪いとかそういう話ではなく、

単純に、お互いが考える「当たり前」のことの違いだと思います。

先ほどの例でいくと、

A子ちゃんは「寒い」と言われれば、

察して何かしてあげるのが当たり前と思っています。

A子ちゃんが逆の立場なら、

「寒いの?じゃあストーブ着けてあげようか?」

となります。これが優しさというものでしょう。

 

B男くんの場合は「寒い」だけ言ってストーブを着けさせるのは失礼だという前提の考えがあります。

自分が「寒い」と言ったら、相手に「寒いの?じゃあストーブ着けようか?」と気遣わせないといけない。

そういう風に相手に気遣いを要求することは、申し訳ないし失礼なことだ。

だから気遣いを相手にさせないことが優しさで、そうするのが当たり前だと考えています。

B男くんが逆の立場なら、最初から「ストーブ着けて」と言うでしょう。ストーブ着けてほしい時は「ストーブ着けて」というのが当たり前だから、「寒いね」だけではストーブを着けてほしいという意図は伝わらないのです。

 

A子さんも、B男くんも、どっちも正しいです。

ただ、A子さんとB男くんはこのことがきっかけでケンカになります。

 

A子さん「寒い、で分からないの!?」

B男くん「じゃあ最初からストーブ着けてって言えよ。何でそれが言えないんだ?」

これは、両者の当たり前がぶつかっているだけです。

お互いが生まれた環境、性別、年齢、国、父親や母親の環境、兄弟姉妹が何人いたか、

などなどで、それぞれの人の「当たり前」が変わってきます。

人が誰か違う人に怒りを覚える時は、ほとんどの場合、この「当たり前」の違いから何でお前はこういうことをするんだ?理解できないという当たり前の違いで怒りを発生させます。

しかし、それは仕方のないことなのです。

育った環境が違うから、当たり前は違って当然。

それは悪いことではなく、ただの自然現象なのです。

なので、相手が失礼なことをしたと感じても、相手は失礼にするつもりは全くなかったかもしれません。

あるいは、こちらはきちんとしているつもりでも、相手は失礼に思って怒っているかもしれません。

A子ちゃんとB男くんの例もそうですね。

 

これは、どんなに気を付けても、

『当たり前』の違いは必ずあるので、そこで怒っても仕方がない。

ただ、『当たり前』が違うんだね、仕方ないねというだけの話です。

なのであなたが相手に対して何か怒りを感じる時、そこにはあなたの「当たり前」と相手の「当たり前」の違いが生じて、怒っているのかもしれません。

しかし、それは「当たり前」と「当たり前」が違うのは自然現象なので、怒っても仕方がありません。

雨が降ったから空に怒ったり、雷が落ちたから雨雲に怒ったり、いちいちしないでしょう?

それと同じことなのです。

 

「当たり前」と「当たり前」が違うのは自然現象。

従って、いちいち怒る必要なし。

ということですね。

怒りと言う感情を、一度横に置いておいて、

よくよく相手の当たり前を確認し、

どこに相手の当たり前に抵触したのかを考え、

自分の当たり前とすり合わせる必要があります。

そしてそういう作業を進めていくことで、

色々な考え方を理解できるようになり、

器が広くなっていきます。

 

管理人 有本管理人 有本

期間限定でインド占星術無料鑑定やっています。恋愛・人生・仕事などお悩みでしたら、お気軽にお声かけ下さい。

スマホの方はこちらクリック↓
友だち追加

パソコンの方はスマホでQRを読み取ってLINE友達に追加ください↓